安田純平のメモ暗号の内容は?ウマルに隠されたメッセージとは?

シリアで拘束されていた安田純平さんが

無事に日本に帰国したそうです!

 

安田さんに至っては、

擁護するメディアやTwitterでは批判も多いみたいですが

過去の安田さんのTwitterからの発言を見ると

批判されるのは仕方ないと思います。

 

そして今、注目されているのが

安田さんが家族へ送った「メモ」です。

 

ちらっとひるおびで見たのですが、

とても興味深い内容だったので

今回は暗号メモの内容や

ウマル発言の背景にあった安田さんの思惑について

調べていきたいと思います。

安田純平のメモ暗号の内容は?

早速、安田さんが妻へ送ったメモの内容です!

POINT

このメモは、拘束されている人物が安田純平さんであるかを確認するために、妻が安田さんにしかわからない内容を質問し、安田さんからの返答です。

 

ー必ず買う焼酎の質問に対して

Harochaakan,Danko6446,Bujifrog
「払ちゃあかん、断固無視しろ、無事帰る」

身代金の要求があっても払うなというメッセージのようです。

 

 

 

また別のメモとみられるものには・・・

My wife call me “puku・Hottoku” as nickname.

妻は私を”パク・ホットク”とニックネームで呼びます。

このメモ・・・

その前には、YAMAMOTO

安田さんの本名らしき名前も出てくるし

名前がたくさん既に出てて

もう何が何だかわからないです(–;)

 

ビデオメッセージでは、

「私の名前はウマルです」もあったし^^;

 

安田さんが無事だったから良かったものの・・・

マジで意味不明なことばかりで、

憶測が憶測を呼んでいるような気もします。

 

しかも、HTS(旧ヌスラ戦線)は、

「日本人ジャーナリストの安田氏の拘束にわれわれが関与しているという指摘については否定する。同氏の解放は報道で聞いた」

とも話しているそうなんですよ。

この一件、マジでよくわからない・・・

私の名前はウマルですの背景には・・・

3年4か月も武装組織に囚われていた

安田純平さん。

 

「私の名前はウマルです。韓国人です」

といったビデオメッセージは、

当時ほとんどのTVメディアでカットされてたのに

今になって「あのビデオメッセージの真相は?」として

放送しているのも何か変な感じもするけど・・・^^;

 

韓国人と話した理由について、ご本人は

「日本人であることとか、私の実名を言うと、ほかの囚人がきいて、もし彼らが解放された場合、私の監禁場所を知っているので、例えば日本側に通報するとか、ほかの組織に通報するとかしたら、ばれてしまう。だから、実名を言うとか、日本人とか言うのは禁止されていたんです」

出典:NHK NEWS WEB

と話しているんですが・・・

個人的にはこれ、意味わかんないんですよねぇ〜。

 

日本を出すのは禁止なのに、日本語で話すという・・・・。

 

これそう思ったの私だけ?と思ってたら、

政治系You Tuberで有名なKAZUYAチャンネルの人も

同じこと話していました^^;

1:00〜ぐらいから話しています。

 

韓国人と話した背景には、

日本政府はタッチするなという意図が

あったような気もしないではないけど。

 

でも、それだったら身代金は

誰に要求するつもりだったんでしょうか^^;

まとめ

帰りの飛行機内で語る

3年4ヶ月の監禁生活の話を聞く限り

解放されて本当に良かったと思う反面、

あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思われるのは避けたかった

と言ってしまうあたりが、

かなり批判を浴びているようですね(><)

 

個人的にはこういった問題では、

解放されたことが何より喜ばしいんですが

他国も巻き込んでいる上

そういった言葉が出てくるのは残念です^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!