根尾昂の年俸や契約金はいくら?プロで二刀流をする可能性はある?

今年の第100回大会の夏の甲子園を

盛り上げてくれた球児たち・・・。

 

今年は私の地元・大阪桐蔭が優勝したので

めちゃくちゃハッピーな夏になりました!

 

もちろん公立高校から決勝に進んだ

金足農業の吉田投手にももらい泣き!!

とにかく涙・涙の夏の甲子園でしたよ〜!

 

さていよいよ時はドラフト会議・・・

根尾選手のいく球団に注目が集まっていますね。

 

ドラ1間違いなしの根尾選手ですが、

契約金や年棒はいくらくらいになるんでしょうか。

また大阪桐蔭時代は二刀流で

投手としてもバッターとしてもピカイチの才能を

発揮した根尾選手は

プロでも大谷翔平選手のように二刀流をするのか

きになるところですよねぇ〜。

 

ということで今回は根尾選手の年棒や

二刀流はプロでも通用するのか調べてみましたよ〜

根尾昂の契約金や年棒はいくらに?

 

高校卒業していきなりプロの世界に入るっていうのは、

一般の人からしたら夢のような世界ですよね〜。

 

普通の高校生だったのに、

卒業したら野球でご飯を食べていけるなんて・・・!

 

さて、根尾選手のプロ1年目の契約金や

年棒について予想をしてみると・・・

  • 年棒:1500万円
  • 契約金:1億

ぐらいでしょうか?!

 

最近では初年度から1500万の選手も多いみたいなので

私も年棒1500万で予想してみました!

 

書いてて金額の凄さに手汗出るっw

 

大阪桐蔭高校OBでプロ入りした方々を見てみると

中田翔(日ハム):年俸1500万円・契約金1億円

藤浪晋太郎(阪神):年俸1500万円・契約金1億円

森友哉(西武):年俸1300万円・契約金1億円

辻内崇伸(巨人):年俸900万円・契約金1億円

平田良介(中日):年俸840万円・契約金1億円

 

こんな感じですね・・・!

大阪桐蔭、めっちゃプロ入りしている選手いますが

上で挙げたのはほんの一部です(><)

 

契約金だけで1億円って・・・めっちゃヤバイですねw

私なんて働き始めてから1億円なんて稼いでないよ・・・

(いつになることやら^^;)

 

自分が好きな野球で、自分が商品として稼げるって

やっぱりスポーツ選手は夢がある職業ですね!

 

・・・とはいえ、

自分が商品なゆえ、常に技術や体力を磨いておかねば

いつ戦力外になるかわからない厳しい世界でもありますよね。

 

根尾昂はプロでも二刀流で通用する?

関西の某番組に出演していた時に

プロでの二刀流についてインタビューされると

「ピッチャーとしては・・・う〜ん…」

みたいなことを言っていた根尾選手。

 

ピッチャーの時は、後ろで守ってくれたチームメイトに

助けられた場面が多かったという印象が本人も強いようです。

 

二刀流の大谷選手を輩出した

日ハムに行くことになったりしたら

プロでも二刀流をしそうな気もしますが・・・

 

長いプロ野球選手としてのキャリアを考えたら

本人自身が冷静に自己分析して

二刀流を選択しないでバッター1本にしそうですよね。

 

見た目からして大人っぽくて

すでにベテラン臭が漂う根尾選手ではありますが、

プロ野球ではどんなルーキーぶりを

発揮してくれるのかワクワクしちゃいます!

まとめ

今回はドラフト1位間違いなしの大阪桐蔭の

根尾選手について注目してみました〜☆

 

根尾選手なんですが、

遠征試合で帰りのバスの中でも

周りの選手が爆睡している中、

一人読書をしていたそうなんですよ^^;

 

なかなかそんな子いないですよね(笑)

遠征に本を持っていくとか、凄いw

 

何の本を読んでいたのかも気になりますが、

野球以外にも非の打ち所がなさそうなので

将来結婚する時とかどんな女性と一緒になるのかな〜とか

ますます今後が気になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!