有給休暇消化義務化はパートも対象?開始期間はいつから始まるか調査!

働き方改革法案が成立され、

なにかと話題になっているのが有給休暇義務化。

育休中のママも子供が大きくなると、

そろそろパートにも出ようかなと思っている人も

多いのではないでしょうか。

そうなってくると、

有給休暇義務化はパートでも対象になるのか、

いつから始まるのか気になりますよね!

 

ということで今回は、

有給休暇義務化の対象や開始時期について調べてみました!

有給休暇義務化はパートでも対象?

結論から先に言うと

条件を満たしていればパートやアルバイトさんも対象です。

 

今回の有給休暇義務化では、

年10日以上の有休を付与されている労働者が対象

正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートの区別は関係ありません。

 

<有給休暇の取得条件と付与される日数>

  1. 週30時間以上、且つ週5日または年間217日以上…年10日間の有給休暇が付与される
  2. 週30時間未満、且つ週4日以下または年間216日以下…所定の労働時間や労働日数によって付与される日数が違う

 

<週30時間未満、且つ週4日以下または年間216日以下の場合>

画像出典・引用:タウンワーク

 

最初の有給休暇付与は働いて半年のタイミングで発生して

それ以降は1年ごとに有給休暇が発生しますが、

有給休暇の期限は発生から2年後にはなくなってしまいます!

 

私が前に勤めてた会社では

プレミアムフライデーも実施するような

割と大きめの企業だったので

有給消化率もほぼ90%超えていたんですよね^^;

 

なので義務化ってどうなん?!と思っていたんだけど、

中小企業では1日の有給でも取れない

ブラックな会社があるから、

有給を取得できなかった人たちが

取れるようになったらそれはそれでいいことですよね!

 

その一方で、

  • 対象じゃないパートやアルバイトが社員の代わりに働かされそう。
  • 人員ギリギリでやっているところは、人が休むだけでも大変だから働き方を根本から見直さないと。

という声も上がっているようです。

 

私の場合、

プライベートで旅行とか遊びに行く楽しみのために

仕事を頑張っていたから

有給休暇義務化っていいことだな〜って思うけど、

仕事が生きがいで1日も休みたくないって人にとっては

ありがた迷惑な制度かしら(笑)

 

いう〜ても、頑張りすぎて無理して休まない人もいるから、

全体的に見たらいい制度な気はします。

 

あとは会社ごとに事情が違うから、

経営者や管理者側が上手く会社を回せるように調整したり

人員を増やすのか、仕事の振り分けを考えるのかは

それぞれだと思うけど・・・^^;

有給休暇義務化の開始はいつから?

この有給休暇義務化は、2019年4月から開始されます!

2019年は元号が変わるし、節目の年ですよねぇ〜。

 

10日以上の年次有給休暇が付与されている人は、

パートやアルバイトも含めて有給消化が義務化されます。

 

ママ友の人で話していたら、

パートの人も有給あるの〜知らなかった〜

って言っていたので、

パートで働いている人で実際に有給あるのに

知らない人もいるかもしれないですね。

 

会社ってパートやアルバイトには冷たい所もあるし、

社員と同じように接する会社もあれば・・・

こればっかりは会社によりけりだなぁ〜^^;

 

出産の時も産休のタイミングとかで

揉める会社も未だにあるみたいだけど、

有給消化義務化が始まってからは

「そんな制度はうちの会社にはない」と

意味不明なことを言う会社がないこと祈るばかりです(><)

まとめ

いかがでしたか?

 

簡単に今回の記事を

  • 有給休暇消化義務は条件を満たしていれば、パートやアルバイトも対象
  • 適用開始は2019年4月〜

となります!

 

長く勤めているパートさんも

対象になるケースは多いと思うので、

しっかり自分が対象者であるかどうか

確認をしておきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!