ニュージーランドのハカで舌を出すのはなぜ?意味(日本語訳)についても!

【タイトル画像】ニュージーランドのハカで舌を出すのはなぜ?意味(日本語訳)についても!

盛り上がりを見せているアジア初開催のラグビーワールドカップ。

中でも私が注目しているのが試合前に行われるハカ!

ハカはニュージーランド、トンガ、サモア、フィジー、オーストラリアなど、南半球に属する国で踊られることが多いですよね^^

 

早速、ラグビーワールドカップを見てたら、ニュージーランドのハカに釘付け!

迫力ありますよねぇ〜。

 

今回はニュージーランドのハカで舌を出す理由や歌詞の意味について調べてみました(^0^)/

ニュージーランドのハカの歌詞と和訳

ニュージーランドのハカはカパオパンゴ(Kapa O Pango)とカマテ(Ka Mate)の2種類あります。

では、それぞれの歌詞とその意味をご紹介しますね^^

※歌詞の意味はそれぞれのYou Tubeのコメント欄より参考にさせていただきました。

 

カパオパンゴ(Kapa O Pango)の歌詞と意味

Taringa whakarongo!
いいか、よく聞け!

 

Kia rite! Kia rite! Kia mau! Hi!
戦いの準備をしろ!ラインナップ!踏ん張れ!イェイ!

 

Kia whakawhenua au i ahau!
我々は祖国と(土地)一つだ!

 

Ko Aotearoa e ngunguru nei!  Au, au, aue ha!
ニュージーランドがここに響き渡る!

 

Ko Kapa o Pango e ngunguru nei!  I ahaha!
黒に包まれたチームはここに響き渡る!

 

Ka tu te Ihiihi
恐怖に立ち向かえ!

 

Ka tu the Wanawana
恐怖と戦え!

 

Ki runga ki te rangi,
空高く(天高く)上まで!

 

E tu iho nei, tu iho nei, hi!
戦え!高みへ!そうだ!

 

Ponga ra!
シルバーファーン!

 

Kapa o pango, aue hi!
オールブラックスよ!

 

Ponga ra!
シルバーファーン!

 

Kapa o Pango, aue hi, ha!
オールブラックスよ!イェイ!ハッ!

 

カマテ(Ka Mate)の歌詞と意味

Ka mate! Ka mate!
私は死ぬ!私は死ぬ!

 

Ka ora! Ka ora!
私は生きる!私は生きる!

 

Ka mate! Ka mate!

私は死ぬ!私は死ぬ!

 

Ka ora! Ka ora!

私は生きる!私は生きる!

 

Tenei te tangata puhuruhuru

見よ、この勇気ある者を

 

Nana nei i te tiki mai,

ここにいる毛深い男が

 

Whakawhiti te ra!

再び太陽を輝かせる!

 

A upane! ka upane!

一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!

 

A upane, ka upane

そして最後の一歩、そして外へ一歩!

 

Whiti te ra!

太陽の光の中へ昇れ!

 

どちらも圧倒的なパフォーマンスですね!!

試合前の相手にこんなことされたら、私なら完全にビクついちゃいますw

 

どちらかというと、2つ目に紹介したカマテ(Ka Mate)の方を知ってるという人も多いのではないでしょうか。

「Ka mate! Ka mate!」が「頑張って!頑張って!」って聞こえちゃうんですよねw

 

ニュージーランドのハカで舌を出す理由

ニュージーランドの先住民族マオリ族に伝わる伝統舞踊のハカ。

最後の決めポーズの際に、舌を出すのが印象的なわけなのですが、初めてハカを見たときの私の印象としては「対戦相手に失礼なんじゃ…」というのが正直なところ。

 

舌を出すハカのパフォーマンスにどんな意味が込められているのでしょうか?

 

もともとマオリ族は文字を使ってのコミュニケーションがなく、口(声)や身振り手振りを使ってコミュニケーションをとる部族だったそうです。

そのため、舌を出す行為もマオリ族にとっても相手とコミュニケーションをとる大切な動作で、身体機能の延長という意味合いがあります。

マオリ族は戦いの前に手や足を鳴らし、相手を威嚇する習慣があったので、「限界までやるぞ!」という意味が込められてるのかもしれませんね。

 

ハカはニュージーランドの民族舞踊として、相手に敬意や感謝の意を表する時に披露することが多く、ラグビーの試合前では、

  1. 相手チームへの挑発や威嚇
  2. 試合が出来ることへの感謝

を表現しています。

ニュージーランドではラグビーの試合前以外にも、卒業式や結婚式など大切な節目の時にはハカを躍るようですよ^^

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はワールドカップでも目にすることが多い「ハカ」についてご紹介しました(^-^)/

 

試合前のハカは圧倒的で本当にカッコイイですよね!

ちなみにハカの時にリードをする選手は、マオリ族の血筋を引く選手がやることが多いそうですよ^^

 

まだまだワールドカップは試合は続くので、ニュージーランド以外にもトンガ、サモア、フィジー、オーストラリアのハカにも注目していきたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!