Bリーグ香川の衛藤HCの暴力行為はなぜ今頃発覚?パワハラ内容がヤバイ!

2018年はアメフトのパワハラ問題などで揺れに揺れたスポーツ界。

オリンピックまであと1年を切った今、各スポーツ盛り上がりを見せてきている中・・・

プロバスケの香川ファイブアローズの衛藤晃平ヘッドコーチが選手に暴行をしていたというニュースが入ってきました。

 

なんと!2017年12月に試合後の控え室で、選手に対して飛び蹴りをしていたようです^^;

飛び蹴りって・・・スラムダンクの宮城リョータかよっ!(わかる人にはわかるとおもいますw)

 

でも、なぜ2年前のことが今になって発覚したのでしょうか。

ニュースを見て気になったので調べてみました!

Bリーグ香川の衛藤晃平ヘッドコーチの暴行パワハラ内容は?

報道されている暴行やパワハラをまとめると主に3点が上がっています。

  • 2017年12月に開催された試合終了後の控え室で、選手に飛び蹴り&胸倉を掴み暴言
  • 2017-18シーズンの練習の際に、1回または2回にわたり、選手に対し顔面を平手打ち
  • 2017-18シーズンの練習の際に選手のプレーに激昂し、選手の首を掴みゴール下から体育館の壁まで押しやった上で暴言

 

この内容、かなりヤバイですね・・・。

僕は高校時代にサッカーをやっていましたが、先生がプレーに怒って走らせただけでも問題になりましたもん。

 

ちなみに 2017-2018シーズンは衛藤氏が新しく香川ファイブアローズのヘッドコーチに就任した年でもあります。

被害選手が誰なのか・・・はわかっていませんが、wikipediaによるとその年の選手について、

新加入選手は前鹿児島レブナイズの安慶大樹、前愛媛オレンジバイキングスの安部瑞基、前青森ワッツの木村啓太郎、前大塚商会アルファーズの筑波拓朗、前横浜ビー・コルセアーズの堀川竜一、前熊本ヴォルターズのレジー・ウォーレン(2007-08シーズン以来10シーズンぶりに復帰)、前群馬クレインサンダーズのアブドゥーラ・クウソー、大学卒2年目のモンテ・ブランドン、特別指定選手契約の石川智也。

出典:wikipedia

と記載がありました。

 

プロ選手に対してこれだけの行為をしたら、その選手も立場がないというか・・・逆にいいプレーなんてできないですよね。

周りのスタッフとかは絶対その現場を見ていたと思いますが、黙認していたということでしょうか。。。

Bリーグ香川の不祥事はなぜ今頃発覚したのか?

ニュースを見ていると、2017-2018シーズンの話だったり、結構前の話ですよね。

なぜ今頃になって行為が明らかになったのでしょうか・・・

 

Bリーグの発表の経緯をまとめると・・・

2018年1月頃、匿名の人からB2香川の衛藤HCの指導方法について情報が入る。

Bリーグで香川側に確認をするも、『そういった事実はない』との回答。

2019年3月中旬頃、JBAの『インテグリティ委員会』で再び衛藤ヘッドコーチの暴力行為と暴言の情報が入る。

Bリーグで香川側に再び調査を開始。

香川側が事実認定を行ったため、2019年8月7日にBリーグが処分を決定する。

2019年8月8日13時〜香川側が会見を実施予定。

 

ここで重要なのが、一度目の匿名からの情報があった時に香川側が否定したこと。これが今回、発覚が遅れた一因のようですね(><)

香川側がその際にどのような社内調査を行ったのでしょうか。

隠蔽と取られても仕方ないですねぇ〜というか、私は隠蔽したのかなと思ってしまいます^^;

 

匿名の人からの情報提供も、なかなか言えない内部の人がリークしたのかもしれないですね。

ネット上の声

最後に

子供たちに夢を与えるプロの世界なだけに、こう言ったニュースは種目を超えてスポーツ界にとって本当にがっかりですよね・・・

今回の行為で1年間職務停止だそうですが、正直思ったより軽い処分だなぁ〜って思いました^^;

被害に遭われた選手が体調を崩しているということで、選手が元気な姿でコートに復帰できること祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!