献花台の花の種類の選び方!値段や供える向きを調査!

令和時代になっても後を絶たない事故や事件。

事故は年々に減っているとは言っても、子供や若い方から高齢者に至るまで凄惨な事故が目立っているような印象がします。

もし、自分の大切な巻き込まれたら、自分の家の近くで事件があったら、・・・?と思うと怖いですよね。

 

今回の記事では、実際に献花台にお花をお供えする場合の「お花の種類」や「値段」、「供えるときの向き」などマナーについて調べてみました!

【タイトル画像】事故現場の献花台は誰が片付けるの?お花やお菓子のその後を調べてみた!
事故現場の献花台は誰が片付けるの?お花やお菓子のその後を調べてみた!

事故現場の献花台の花の種類は何を選ぶ?

事故現場にお供えするお花は、種類を間違えてしまえばその場にそぐわないものとなってしまいます。

そのため、献花台に置くお花の種類は大切です!

お供えするお花の種類やポイント
  • 白いカーネーションや菊など長持ちするお花
  • 49日を過ぎるまでは基本的に白い花
  • 故人が知り合いであれば、その方が好きだったお花でも◎

猫シャッチョ

バラとかトゲのあるお花はNGニャ!

 

悩んでしまうという人は、お花屋に行って「献花台でお供えする用のお花を選んでほしい」と伝えるといいですよ^^

お花のプロに選んでもらうのが一番安心ですよ♪



献花台に供える花の値段相場について

事故現場などの献花台に供えるお花の相場は数百円〜1,000円程度で大丈夫です。

金額よりも大切なのは、故人に対する気持ちです。

 

知っている方の事故である場合は1,000円程度、知らない方であれば一輪のお花をお供えする人もいます。

献花台が設けられると多くの方が訪れますので、持っていくお花はあまり大きく派手にならないように注意しましょう。

献花台に供える花の供える向き(置き方)は?

献花台にお花を置くときは、時計回り(右まわり)にお花を回し、根元の部分を向けておきます。

そして、置くときは必ず両手を添えるようにしましょう。

 

事故現場での献花台は多くの人が訪れるため、最初に誰かが間違えると次にお供えする人も間違えた状態でお供えをしてしまうことも・・・

基本的には、「根元の部分を向ける」というところを抑えておけば大丈夫ですよ。

【タイトル画像】事故現場の献花台は誰が片付けるの?お花やお菓子のその後を調べてみた!
事故現場の献花台は誰が片付けるの?お花やお菓子のその後を調べてみた!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は事故現場での献花台にお供えする場合のお花の種類や、お花の金額相場、供える際のお花の向きについてご紹介しました。

 

献花台にお花をお供えするときは、何よりも気持ちが大切です。

お花の大きさや規模は関係がありません。

献花台に足を運ぶ際には、故人を偲ぶ気持ちで心を込めて行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!