ケーキ屋の売れ残りはどうなる?その後の行方や再利用の噂を調査!

大阪の某ターミナル駅で毎日乗り換えするんですが・・・毎日、ホームで売られているスイーツに誘惑され、今日のご褒美についつい買っちゃう管理人です!

お腹いっぱい食べてもデザートは何で別腹なんでしょう♪

 

そんなスイーツ大好きな管理人が最近気になっているのが、ケーキ屋の商品の売れ残り・・・。

夜20時くらいの閉店間際でもディスプレイにはケーキやスイーツ商品が並んでいるわけなんですが、ケーキって消費期限早いのに、全部廃棄しちゃうのかな?って気になっちゃっていたんですよね^^;

 

ということで今回は、ケーキ屋さんの売れ残ったスイーツの売れ残りの行方について!

どうなるのか調べてみました(^0^)/

売れ残りのケーキの行方はどうなる?

ケーキを買うと「なるべく早く食べてくださいね」ってよく言われますが、実際に売れ残ったケーキたちは一体どうなるのでしょうか。

 

調べてみたら、幾つかのパターンがありました。

  1. スタッフが持ち帰る。
  2. 冷凍保存して翌日も販売する。
  3. カスタードクリームを使用したスイーツは、廃棄。
  4. 全て廃棄。

①のスタッフが持ち帰るについては想像できますよね^^

クリスマス期間に、私の姉もケーキ販売の短期バイトをしていましたが、よく売れ残ったケーキを持って帰ってきてくれました♪

 

そして意外だったのが②の冷凍保存してからの翌日の販売!

これはお店側の判断によりますが、冷凍保存して傷んでいるイチゴなどの果物を交換したり、デコレーションを塗り直したりして提供するケースもあるようです。

 

冷凍して翌日販売する商品もある中で、カスタードクリームを使用したスイーツは、冷凍保存することが難しく、食中毒を防ぐためにも廃棄することが多いです。

なので、カスタードクリームを使用していない商品に限って、翌日も販売すると決めているお店ももあります。

猫シャッチョ

ホイップクリームを材料で使っている場合は、冷凍して翌日販売しているケースが多いらしいニャ

ケーキの賞味期限は、冷凍している間はカウントしないことになっているそうで、冷凍庫から取り出した解凍時点からが製造日になるんだとか。

売れ残りのケーキを翌日に販売するかどうかは、お店側の判断によるところなので、一概にどのお店が・・とは言えませんが、午前中に買うケーキは昨日の売れ残りのケーキの可能性もあるので気を付けましょう。

ケーキはいつまで食べれる?本当の賞味期限は?

実際のところ、ケーキは何日までだったら美味しく食べれるのでしょうか。

 

我が家でもクリスマスケーキをホールで買いますが、正直1日で食べきった経験がありません。

だいたい2日目の夜、長くて3日目の午前中でようやく食べきることも多いです。

 

私がよく行くケーキ屋さんでは、必ず「お召し上がりは本日中、なるべく早めにお願いします」と声をかけてくれます。

実際のところ、生クリームやフルーツを使っているので、時間が経てば味が落ちてしまったり、スポンジがパサついてしまうので、お店側としては早めに食べることをすすめているそうですよ。

 

一方で、ネットの声を見てみると4・5日かけてホールケーキを食べきる人も多いです!

さすがに私は3日が限界ですが、心配な人は(カスタードクリーム系でなければ)冷凍保存して食べるのもアリですね♪

冷凍する場合は、底が深めのタッパーで2週間以内に食べることをオススメします^^

まとめ

ケーキ屋さんで売れ残ったケーキは、

  1. スタッフが無料で持ち帰る。
  2. 冷凍保存して翌日も販売する。
  3. カスタードクリームを使用したスイーツは、廃棄。
  4. 全て廃棄。

とその行方に幾つかのパターンがあります。

 

多くのお店では衛生面の安全性から廃棄だったり、スタッフがその日のうちに持ち帰ったりすることも多いようですが、カスタードクリームを使用していない商品は、翌日にコーティングをし直して販売していることもあるようです。

使い回しをしている商品の見分け方は難しいですが、使い回ししているとしたら午前中にケーキを買うのは避けた方がいいかもしれないですね^^

お店でケーキは午後買うのがいいと思いますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!