アドレスホッパーの持ち物!服や着替えの量や1か月の生活費は?

アドレスホッパーの持ち物!服や着替えの量や1か月の生活費は?

最近、増え始めているアドレスホッパー。

家を借りないで、毎日の住居を変えるスタイルの若者たちが多いそうだ。

 

しかも平日は普通にサラリーマンをしていて、決まった家に帰らないというからビックリです!

毎日同じお布団で眠りたい派の私にとっては、考えられないライフスタイルなんですよね〜

 

アドレスホッパーたちは最近ではメディアにも注目され、4/8放送のZIPなどでも取り上げられていました!

そんなアドレスホッパーの方たちは、毎日の持ち物はどんな感じなのでしょうか。

また、服などの着替えはどうしているのか、生活費についても調べてみました!

アドレスホッパーの持ち物!服や着替えの量は?

毎日寝る場所を帰る・・・私にとっては信じられないスタイルなんですが、アドレスホッパーの方たちの持ち物を見ていきましょう。

 

実際にアドレスホッパーをやっている人の持ち物は最小限!

  • 着替え
  • 洗面道具(身だしなみ系)
  • パソコン

まさにミニマリストなんです。

 

めっちゃシンプルですね!

 

YouTuberをしているアドレスホッパーさんもいるんですよ〜。

アドレスホッパーにMacBook Airは必需品みたいですね(笑)

私もMacユーザーですが軽いのがお気に入りです^^

 

ZIPで紹介された会社員のアドレスホッパーさんは、週末用の普段着を会社に置いていました^^;

ぶっちゃけそれいいの?って思ったんだけどw

せめてコインロッカーとかトランクルーム使えばいいのに・・・(笑)

もし、テレビなどの影響でアドレスホッパーを始めるなら、会社や周りに迷惑をかけないようにしましょうw

アドレスホッパーの1か月の生活費

毎日住む場所を変えるアドレスホッパー。

でも、毎日宿泊施設に泊まるので、2000円×30日だとしても宿泊費に6万円かかってしまいます。

 

1日2000円以上かかる宿泊場もあるし、友人の家に泊まるケースもあるようなので、人によっては前後します。

アドレスホッパーは東京など、家賃が高い大都市に多い傾向があります!

基本的に浮いた分の光熱費を、自分の趣味にしたりと自己投資している人が多いようですね。

 

ちなみに、荷物の受け取りは会社の最寄の郵便局留めを利用している人がほとんどです。

コインランドリーやスーツなどはクリーニングを使ったりしているので、細々した出費も多いのが現状なんだとか・・・。

会社員のアドレスホッパーの交通費はどうなるの?

普段は会社員のアドレスホッパーは、会社から出る交通費はどうなるのでしょうか。

基本的に実家に住民表を置いている人が多いので、会社からの交通費は【会社の最寄駅〜実家の最寄駅】の人が多いようです。

ですが、会社によっては交通費の申請を、実際の定期券を買った明細を出すところもあります。

その辺は会社によって違うのだと思います。

 

悪い言い方を言えば、交通費は最初の申請だけで済んだ方は、【会社の最寄駅〜実家の最寄駅の定期代が支給され、実際には会社に近い場所に泊まっているから交通費分が浮く人もいるみたい・・・。

 

会社は、実家〜会社を通勤経路として認識しているため、宿泊先から会社への通勤中に事故したとしても、労災が下りないという意見も・・・。

アドレスホッパーの税金関係!

先ほども書きましたが、アドレスホッパーの人たちは、実家に住民票を置いているので、実家の住所で処理をされています。

 

なのでホームレスと比較されるアドレスホッパーですが、

定住する家がないけど働いて税金を納めている=アドレスホッパー

 

定住する家がなく税金は納めてない状態 =ホームレス

というのが違いですね!

会社員のアドレスホッパーでは住民税などは給料から天引きされています。

 

まとめ

今回はアドレスホッパーの持ち物や生活費について調べてみました!

時代の流れに伴って、常識に問わられない人たちがどんどん出てきますね。

いや〜30代子持ちにはビックリですw

 

調べれば調べるほど、泊まる宿を毎日探したり、体力的に大変だなぁ〜と思ったり・・・^^;

息子ちゃんが大きくなってアドレスホッパーやったら、風邪ひいたときとかを考えたら親としては心配(><)

 

体力がある人は、浮いた分の光熱費や生活費で一気に貯めるのもアリですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!