令和の万葉集の出典場所はどこ?昭和や平成の由来や意味も!

いよいよ平成も残すところあとわずか・・・

5月1日からは令和時代となりますね!

 

令和に決まってから、「令」の字に対してネガティブな意見を持っている人も多く、朝の情報番組のコメンテーターも愚痴っていましたが・・・

「令」って名前に漢字が入っている人に失礼じゃね?!

と思うわけです。

最近のテレビのコメンテーターはなんだか好きになれない・・・w

 

さて!令和が万葉集から用いられたというのは、安倍総理の談話で発表されましたが、実際に万葉集の何巻の具体的なところはどこなのか気になったので、早速調べてみました♪

令和の由来!万葉集に描かれている場所はどこ?

令和の出典元になったのは、万葉集の5巻「梅花の歌」三十二首の序文です。

 

Twitterで発見したのですが、九州国立博物館では序文の展示もやっているようです。

パッと見たカンジ、どんな歌なのか私にはわかりません(><)

でも、せっかくだから知りたい!と思い、調べてみると・・・・

角川ソフィア文庫さんから出版された「新版 万葉集 一 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)」に詳しくのっていました。

>【楽天】で「新版 万葉集 一 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)」を見てみる!

>【Amazon】で「新版 万葉集 一 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)」を見てみる!

令和の由来!昭和や平成の意味は?

令月の「令」と「月」の文字はここから取ったようです!

初春の月にして、気淑く風ぎ、 

梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

 

内容はというと・・・・、

天平2年お正月に宴会した際に、梅の花にまつわる和歌を詠んで楽しんでいました。

(当時は一同集まっては和歌を詠むのが流行していたんだとか)

初春のよき月の下、爽やかな空気の中で風が柔らかく吹いている・・・。

そんな中で梅の花は鏡の前で美女が化粧をする時のおしろいのようで、蘭は香水のような香りがする。

といった意味のようです!

 

ちなみに昭和・平成・令和の時代の由来をまとめている方もいましたよ〜♪

せっかくなのでご紹介しておきます^^

昭和と平成ともに「平和」の意味が込められているんですね。

昭和と平成の由来知らなかったから、ちょっと嬉しい昭和最後生まれです(笑)

そもそも万葉集って誰が作者なの?

初めて国歌が元号の由来になったことで、注目を集めている「万葉集」。

 

学校でも具体的に詳細は教えられていないし、実はよく知らない・・・

同じように思っている人も多いのではないでしょうか。

 

私は万葉集の和歌たちを作った人は誰なんだ?と気になったので調べてみましたが、一言で言うと沢山の人!!(ざっくりやんw)

当時の様々な身分の人たちが詠まれた和歌が集められできたのが万葉集です。

 

天皇や貴族、下級官人が詠まれたものもありますが、中には作者不明というものも・・・。

作者不明の和歌は当時の一般庶民が詠まれたものと言われているようです。

 

平安時代に詠まれてきた和歌たちが、コピー機もない時代を経て、こうやって人々を通じて後世に残っているのは素晴らしいですね。

 

▼万葉集に読みたい人にオススメ▼

>【楽天】万葉集を漫画で読む <

>【Amazon】万葉集を漫画で読む <

まとめ

いかがでしたか?

今回は令和時代に突入するということで、出典元の万葉集などについて調べてみました。

日本は地理的に台風や地震など災害も多い国ではありますが、新たな時代の幕開けにはどんな困難なことがあっても、一致団結できる日本であってほしい・・・

そんな風に思います^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!