来田涼斗が明石商業を選んだ理由は兄の存在?中学のスカウト数がヤバイ!

【タイトル画像】来田涼斗が明石商業を選んだ理由は兄の存在?中学のスカウト数がヤバイ!

いよいよベスト4になった2019年の選抜高校野球。

準々決勝では、公立高校の明石商業が強豪の智弁和歌山にサヨナラ勝ちし、話題になっています!

9回裏・・・サヨナラホームランを放った明石商業の来田涼斗選手。

 

ドラフト候補でもある来田涼斗(きた りょうと)選手を調べてみると、中学時代から数多くの名門校からのスカウトが凄かったようです!

そんな来田涼斗選手がなぜ公立の明石商業に進学したのか・・・

今回は明石商業の来田涼斗選手について調べてみました!

明石商業の来田涼斗選手が凄い!

明石商業の来田涼斗選手。

最初に名前を見た印象は名字は何て読むんだ?ってこと。

「こんだ」ってかってに読んでいたんですが、「きた」と読むそうです!

 

来田涼斗選手の誕生日は2002年10月16日で、兵庫県神戸市の出身。

小学校時代は神戸市西区の明舞ネオボーイズで野球をしており、中学校は神戸市の長坂中学校に通い神戸ドラゴンズに入団しています!

中学2年生の時には全国優勝も経験しており、中学卒業後の進路時には各強豪からもスカウトがあったんだとか。

 

神戸ドラゴンズのホームページを見に行った、「第45期生 来田涼斗君 甲子園出場おめでとう!」とバナーがありました(^0^)/

神戸ドラゴンズのホームページを見てみる

卒業生はプロ野球選手や強豪校への進学をしているようです!

明石商業の来田涼斗選手の中学時代のスカウト数がヤバイ?

中学時代は全国制覇の経験もあり、当時からバッターとして評価が高かった来田涼斗選手。

高校進学にあたり、なんと全国の強豪校28校からスカウトがあったそうです!

や、ヤバすぎですね(笑)選びたい放題やんw

 

しかも大阪桐蔭、履正社などからも声がかかったんだとか!

大阪桐蔭って聞いたら、私だったら甲子園行けるって思うし、迷わず選んじゃうなぁ。。。

 

それだけ中学時代から凄かった選手だったんでしょうね!

それもそうと、明石商業に入学した際も、1年の夏からスタメンでした。

 

3年生や上級生を差し置いて、スタメン入りするってかなり凄いことですよね☆

では、なぜ全国の強豪校がウチへきて欲しいと声がかかったのに、明石商業に進学したのでしょうか・・・。

 

来田涼斗選手が明石商業に入学した理由は?

来田涼斗選手には3つ年上のお兄さんがいます。

その兄の名前は渉悟さんで明石商業のOBなんです。

 

渉悟さんが3年生の時に、夏の甲子園兵庫県予選の決勝で敗れた兄の姿を見た涼斗選手は、兄の悔しがっている姿を見て、強豪からの誘いを蹴って明石商業に入学しました。

なんて兄想いの弟なんでしょうか!!

しかも、甲子園でサヨナラホームランとか・・・兄もビックリしているでしょうね^^

兄・渉悟さんは2016年のセンバツに出場していて、毎日新聞(地方版)のインタビューに「僕も甲子園に出たい」と話していました。

あれから3年後に同じ舞台に立っているなんて、凄いとしか言いようがないですね〜

ちなみに現在、渉悟さんは日本体育大学に進学しているようです!

日体大に進学しているってことは、将来野球の指導者なども視野に入れているのでしょうか・・・?

あとがき

いかがでしたか?

今回は明石商業の来田涼斗選手についてチェックしてみました♪

 

強豪の誘いを蹴って、兄の想いを受けて明石商業に進学しているので、他の強豪校もさぞ悔しがっているのかも?!

センバツでは準決勝で東邦と対決!

そこでもどんな活躍を見せるのか楽しみですね☆

 

プロ球団も注目していること間違いなしの来田涼斗選手。

これからも注目していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!