飛鳥山公園の花見2019の混雑は?屋台や夜桜のライトアップ時間も!

【タイトル画像】飛鳥山公園の花見2019の混雑は?屋台や夜桜のライトアップ時間も!

東京でNo.1の低い山!天然の山!標高25.4m、それが飛鳥山!

飛鳥山公園は江戸時代から賑わい続けている、東京でも有数の桜の名所です。

毎年多くの人で賑わい、桜のシーズンには、7万人が訪れるほど大人気なスポットです。

今回の記事では、

・飛鳥山公園の桜お花見やばすぎる混雑状況!
・屋台がすごいって本当?
・夜桜ライトアップってどんな感じ?
・飛鳥山公園全体を眺めるならここ!

などについてまとめてみましたので、ぜひ最後までお付合いください♪

飛鳥山公園の基本情報

【住所】
東京都北区王子1-1-3

 

【時間/入場料】
24時間・無料

 

【アクセス】
JR京浜東北線王子駅下車すぐ
JR山手線利用なら大塚駅で都電荒川線利用、飛鳥山駅下車すぐ

 

【駐車場】
有料21台
(大混雑というより、台数が少ないのでほぼ止めれないと思っていた方がいいかもです。)

 

【売店】
さくら亭(茶屋)甘酒、団子、あんみつetc

 

【トイレ】
4ヶ所(内、多目的トイレ3ヶ所)
もしものときに! 北区飛鳥山博物館1F多目的トイレ「赤ちゃん休けい室」があります。清潔な環境で、子連れの方にオススめです☆
参考HP:https://www.city.kita.tokyo.jp/hakubutsukan/riyo/setsubi.html

 

【ホームページ】
北区・飛鳥山公園

 

【さくらSA*KASOまつり】
開催日:4月6日(土)・7日(日)
時間:10:00~16:00

 

飛鳥山公園の桜は、3月下旬~4月上旬が見頃です。

2019開花予想日 3月22日(金)
2019満開予想日 3月31日(日)

 

日にちが近くなったらテレビやネットでも桜の開花状況を随時チェックしましょう。

人混みを避けたいときは、博物館や資料館の窓からの眺めをどうぞ♪

上から見る桜も素敵です☆

飛鳥山公園の花見の混雑状況!

飛鳥山公園は活気のあるお花見のスポットで大人気です。

朝からシートを敷いて、しっかり場所取り。けれども意外と穏やか。

昼は、家の軒先か庭のように地元の人たちが和気あいあいとお花見を楽しんでいるのです。

 

平日の夜は静かで一段と風情があります♪

 

週末の夜は、ただのお花見なんかじゃありません!

すぐ、そこ、いたるところ!大人たちが酔って騒いでやばすぎる混雑なのですよ♪もう大騒ぎ!!

昼の「お花見派」は、桜の木の下にシートを敷いて綺麗な花びらを眺めながら、みんなでお弁当を食べたり、おしゃべりを楽しんだり。

猫シャッチョ

夜は「宴会派」が一気に増えて、あちらこちらで酒盛り状態だニャ!

たいていは「お花見派」と「宴会派」が夕暮れを境に入れ替わりますが、中には同じシートのままメンバーだけ入れ替わる団体さんも。気合入ってます!

飛鳥山のお花見は江戸時代から「酒宴」と「仮装」が容認されてきました。

伝統的に今でも羽目を外すお花見!もう筋金入りなのですよ♪

いわゆる酔っぱらいさんが多いのですが、みなさん礼節をわきまえる方が多くて、それはそれはもう治安が良いです。

小さい子供も一緒に楽しめる雰囲気ですが、くれぐれも迷子にならないようにお子さんから目を離さないようにしてくださいね♪

 

王子駅北口から改札を出て左に行くと、音無川があります。

そちらのライトアップも圧巻ですので、夜桜を楽しみたい方は是非!

飛鳥山公園のお花見ルール

・火気厳禁
・カラオケ禁止

ルールやマナーも守って、気持ちのいいお花見にしましょう。

飛鳥山公園の屋台(出店)情報!

園内にはおよそ40の屋台が並びます!さらにキッチンカーも♪

屋台はどこも大人気!!!!!

ビール・日本酒・紹興酒を販売。お祭りの定番料理メニューは、ほぼ勢揃い。

すごいです、山全体が観光地だと思い知らされます。

 

買う時とくに長蛇の列になりやすいのが、

・ラムチョップ
・パニーニ
・きりたんぽ
・サーターアンダギー
・シウマイ弁当

などなど(^0^)/

 

キッチンカーでは、

・「壺焼き芋」
・クレープ

など、名店の味も楽しめます。

 

JR王子駅中央口前、「アスカルゴ」の乗り場手前にも屋台が出て、お祭りの賑わいですよ♪

飛鳥山公園の夜桜ライトアップ時間は?

3月下旬から4月上旬、江戸情緒なぼんぼりが点灯して、艶やかな空気感あふれる夜桜を楽しめます♪

ぼんぼり点灯:日没~21時

 

21時・・・。

ぼんぼりが一斉に消灯されるタイミングには、あちこちから拍手の嵐!

いちおう21時以降は宴会禁止なので、マナーを守りながらお過ごしください。楽しくご機嫌に語らう人たちは、深夜でも多いのですよ♪

桜の花が舞い散る頃になると、夜も穏やか。花吹雪は幻想的です。

飛鳥山公園全体を眺めるならここ!さらに渓谷も

王寺駅前にそびえている「北とぴあ」17階の展望ロビー!

こちらは無料で利用可能です。

綺麗なピンク色に染まった飛鳥山・・・

ええ、飛鳥山が「確かに山だ!」と、納得できる眺めです♪

 

「北とぴあ」展望ロビーは22時まで夜景も楽しめます。

 

【渓谷】

あすかパークレール「アスカルゴ」からも眺められるのが、音無親水公園の桜。

「音無渓谷」とも呼ばれていて、高低差のある眺めが見事です。

階段で降りる場所は、降りてからも段差が多いので足元にお気をつけください♪

 

【花筏】

「花筏」といえば、青森県・弘前城がとても有名ですが、飛鳥山公園近くにも実は。

飛鳥山公園モノレールとは?

JR王子駅中央口すぐ近くにある飛鳥山公園モノレールは、公園入口駅⇔山頂駅を無料でつなぐ名物モノレール。

車イス、ベビーカー、すべてOK、うれしいバリアフリー!

行きよりも帰りの利用がおすすめ。歩いて下山すると、意外と足に負担かかるんです。

週末お花見ピーク時は行列ですが、急ぎでなければお待ちください。

雨あがり、すべりやすい階段を避けたいとき、とくにおすすめ♪

まとめ

いかがでしたか?

今回は、飛鳥山公園公園のお花見情報をご紹介しました。

飛鳥山公園は、大人が行儀よく羽目を外せる魅力的な空間でありつつも、お子さんも一緒になって楽しめる憩いの場となっています。

今年のお花見は、ぜひ飛鳥山公園で江戸情緒あふれる楽しいひと時をお過ごし下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!