佐賀多久市の燃え続けるボタ山の場所はどこ?なぜ消すことがないの?

どーも!こんにちは!

突然ですが、3月は火災の多い時期なのはご存知でしょうか?

12月の年末に多いイメージな火災ですが、この3月が1番多い時期と先日テレビでやっていました!

 

そんな中、2年前から燃え続けている山が佐賀県の多久市にあるそうです。

猫シャッチョ

燃え続けるって・・・結構やばいのニャ!

今回は、佐賀県多久市の燃え続けるボタ山の場所や、火災の原因、なぜ消すことができないのか調べてみました!

佐賀県多久市の燃え続けるボタ山の場所はどこ?

そもそもボタ山ってなんだ?って話なんですが・・・・

ボタ山とは、

ボタ山とは石炭や亜炭の採掘に伴い発生する捨石の集積場である。

引用:wikipedia

とのことで、石炭産業が栄えた九州の北部などで見られるそうです。

 

さて、火災が続いている現場は、住所でいうと佐賀県多久市北多久町小侍のあたりとのこと。

だいたい佐賀県立多久高校の近くの田園地帯だそうです。

この周辺はかつて炭鉱で栄えた町だったそうです。

 

現在は火災が続いているため、風が吹くと焦げたようなキツい匂いで周辺住人も困惑しているんだとか。

何かがきっかけで火災が広がってしまったら・・・と思うとちょっと怖いですよね。

近所の人も匂いで外に洗濯物も干せなさそうで大変そうです。

佐賀県多久市の燃え続けるボタ山の火災の原因は?

この周辺は炭鉱が盛んだった場所。

使わない石炭のクズを積み上げていたそうです。

2年前の2017年ごろに土地の所有者の方が木や草を伐採して燃やしていたら(野焼き?)、地面にも燃え移ってしまったことが火災の発端。

猫シャッチョ

地面に燃えうつるって怖いね・・・

3月に入って煙の範囲が増えてしまい、焦げたような匂いが強くなってしまっている状況ですが、完全に消化する方法が見つかっていないようです・・・。

佐賀県多久市の燃え続けるボタ山はなぜ消火ができないの?

2年間燃え続けている佐賀県多久市のボタ山。

現在、放水しても火災を消しきれないという状況になっています。

 

以前にも福岡県などで起こったのボタ山の火災では、2年間も燃え続けたことはなかったようです。

猫シャッチョ

2年間も燃え続けるって何でニャ

 

地面の中の炭鉱も燃えているために、放水による消火が難しいそうです。

 

報道にもあるように、今のところ消す方法が見つかってないようです。

猫シャッチョ

雨が降り続いたりしたら、状況は変わるのかニャ?

アメリカで同じようにボタ山の火災があった際にも、地中に広範囲で火災が広がったため、消す方法が見つからず、なくなく立ち退きとなったケースもあったんだとか・・・

住めることができなくなるまでに至ったら、生活にも大きな影響がありますね(><)

まとめ

今回は、佐賀県多久市の燃え続けるボタ山について、自分なりにまとめてみました。

割と近くに高校もあるみたいだし、学生や子供たちも多い地域のようなので、被害が広がらなければいいのですが・・・

風が強いと匂いもかなりキツそうです(><)

この周辺に行くならマスクはしといた方がいいかも・・・

 

今後、専門家の人たちの意見とかも含めて、消火出来る方法が見つかればいいですね。

 

ということで今回は、この辺で。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!