樋田淳也容疑者確保で懸賞金は誰がいくら貰えるの?同行者はなぜ一緒だった?

大阪の富田林警察署から弁護士との接見の後に逃走をし

48日ぶりにようやく逮捕となった樋田淳也(ひだじゅんや)被告。

 

やはり大阪を脱出していましたね〜^^;

大阪府警、何してんねん!と言いたいところですが・・・

 

逃走直後にひったくりで現金を得ていたと思うんだけど、

捕まった時は所持金280円ってなってたから

やっぱり食費や服とかを買ったのに使ったんでしょうね。

 

にしても逃走して最後が万引きで

女性の警備員(万引きGメン?)に取り押さえられたっていうから

正直驚きました^^;

 

捕まった周辺ではひったくりとか

他に万引き被害なかったのかも気になりますね。

 

今回の樋田淳也容疑者確保によって

報奨金は誰がいくら受け取るのでしょうか?

また同行者は何者でなぜ一緒に行動していたのか・・・?

樋田淳也確保時の状況は?

 

POINT

<日時>
9月29日18時頃

<場所>
山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」

<当時の服装>
坊主頭に黒い帽子とサングラスで変装し、上が青、下が黒のウインドブレーカーを着用。

<身柄確保時の状況>
食品売り場をうろついた樋田容疑者は、餅やロースカツ、菓子パン、缶コーヒーなどを万引き。服の中に隠す様子を警備員が確認した。
そのまま店外に出て自転車に乗ろうとした樋田容疑者に、「会計がまだですよ」と声を掛けると、「財布を取りに行っただけ」と取り合わず、別の従業員らともみ合いになったという。

 

引用:毎日新聞

報奨金は誰が受け取る人は誰?金額は?

最初に樋田容疑者が万引きているのを見たのは、

女性の警備員と報道されています。

(多分、私服警官か万引きGメンな気もするけど・・・)

そして、お店の店員らが一緒に身柄を確保したとのこと。

 

きになる懸賞金の金額ですが、

200万+300万で合計500万にもなるそうです。

府警OBが呼びかけた懸賞金も異例らしいですが、

一般の建設会社が懸賞金を出すのも驚きです。

 

懸賞金は事件解決に結びつく有力な情報提供者に

支払われるものなので、

今回のケースでいうと万引きの現場を発見した

女性警備員と店員さんらに報奨金が送られると思いますが

何人で身柄確保したかわかんないけど、

3人だったとしても160万ちょっと。

 

凄い金額ですね!!

 

でも、もしかしたら懸賞金も辞退したりして^^;

 

私も関西在住でこのニュースが出た時は

めっちゃ怖いなぁ〜って思ってたから

捕まって何よりですよ^^;

なので貰えるものは、遠慮せずもらっていいと思います^^

 

にしても大阪府警さんのエリアじゃなく

山口にいたとはね^^;

九州に行く予定だったんかな。

同行者は何者?なぜ一緒だった?

樋田容疑者逮捕された時に、

一緒に44歳の男性も同行していたというから

これも驚きました^^;

 

同行者の男性とは愛媛県の道の駅

樋田容疑者から声をかけられ知り合ったそうです。

 

男性は自転車で日本一周の旅をしていて

樋田容疑者はその男性にくっついていたんだとか。

多分予想だけど、こういう人についていけば怪しまれないし、

野宿の仕方や知恵もある人だから安全

とか思っていたのではないでしょうか。

 

でもその日本一周の自転車旅をしていた男性も

放置されていた自転車を使用した

占有離脱物横領容疑で逮捕されているから

なんっちゅーオチやと思ってしもたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!