紙粘土スライム(ホウ砂なし)の作り方!混ざらない固まるときの対処方法は?

【タイトル画像】紙粘土スライム(ホウ砂なし)の作り方!混ざらない固まるときの対処方法は?

今、スライム作りが密かにブームになっていますよね♪

小さい子供のいる家庭でも、お子さんとスライム作りがマイブームという方も多いのでしょうか?

 

最近ではいろんな材料を使ってのスライム作りが多いですが、今回は紙粘土のスライムの作り方についてまとめてみたいと思います!

紙粘土スライムの作り方!

基本的な紙粘土スライムの作り方がこれ。

<材料>

  • 洗濯のり
  • 紙粘土
  • ホウ砂を溶かしたお湯
紙粘土スライムの作り方
  1. ボウルに水と洗濯のりを1:1の割合で入れる。(量によってスライムの大きさが変わります)
  2. 1で作ったボウルに、ホウ砂を溶かした水を少しずつ投入し、スライムを作る。(少しずつ入れるのがポイント!)
  3. できたスライムに紙粘土を混ぜていけば出来上がり♪

紙粘土スライムを作っている動画も発見しましたので、こちらもわかりやすいですよ♪

以上が基本的な作り方にはなるんですが・・・

紙粘土スライム作りの材料の「ホウ砂」って、家にない場合も多いですよね。

実際、我が家にはありません(笑)

 

紙粘土スライムはスライムに紙粘土を混ぜるのが基本ですが、ホウ砂なしのスライムを作りたい場合は、洗濯のりとダイソーで売っている魔法の砂で代用できます☆

↑こちらの「のってん」さんの動画がわかりやすい!!

洗濯のりも100均一で売っているから、合わせて200円で揃えれるのは嬉しいですね♪

 

夏の自由研究や友達とたくさんの量を作りたいときは、通販で買うと便利です^^

スライムキットもたくさんあるので、是非チェックしてください。

キットで買うと、色んなバージョンが作れるから子供と一緒に作ると楽しそう!

紙粘土スライムが混ざらない固まる時の対処方法

スライムと紙粘土を混ぜるときに、なかなか混ざらず固まってしまうときはありませんか?

 

そういったときは、幾つかのことに気をつけるのがポイントです!

  • 紙粘土は開封した後は、すぐに混ぜること。(混ぜる直前まで紙粘土の封を開けない)
  • 水で混ざりが悪い場合、お湯を少量入れてみる。

 

ちなみに先ほどホウ砂なしのスライムの作り方もご紹介しましたが、ホウ砂を使った方がいい感じの仕上がりになります。

 

ホウ砂は100円ショップには売っていないので、ホームセンターなどで買うといいですよ♪

私の家の近くにホームセンターのコーナンがあったので行ってみたところ、500円もしないで販売されていました(^-^)/

みんなが作ってる紙粘土スライムをご紹介

触りごこちや音を楽しむスライムですが、最近ではインスタ映えした紙粘土スライムも!

食品サンプルみたいに作るのも楽しそうですね♪

夏休みなどの工作で試してみるのもいいかもしれませんよ(^-^)/

まとめ

今回は紙粘土スライムの作り方についてご紹介しました♪

ホウ砂なしで作る場合は、ダイソーで販売されている「魔法の砂」でも代用ができるようです。

ダイソーの店舗でも取り扱いがあるかどうか変わるかもなので、確実にゲットしたい場合は店舗に電話などで確認してみるといいかも!

 

なかなか混ざらなかったり固まってしまいそうな時は、お湯を少し入れてみて調整してみてくださいね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!