藤原産婦人科(交野市)で出産!費用や帝王切開手術も【口コミ体験レポ】

今回は、交野市で1つしかない出産できる病院(?)の藤原産婦人科で出産した時の体験レポをご紹介します!

出産は1年以上前にはなりますが、当時私が口コミをネットで検索しても体験談が少なかったので、少しだけでも参考になれば嬉しいと思います♪

※本記事は個人の体験に基づくものです。

藤原産婦人科に行った経緯

妊娠検査薬で妊娠が発覚し、大阪出身ではなかった私はネットで家から割と近い産婦人科を調べました。

私自身、車を持っていなかったので、仕事帰りに電車で通える忍ケ丘駅から5分ほどの「福田産婦人科」さんに行くことに・・・。

福田産婦人科さんは、凄く綺麗な病院だったのですが、旦那の実家から少し遠いというネックも…。

知り合いが交野市の「藤原産婦人科」で出産して凄く良かったと薦めてきたので、家族で相談して「藤原産婦人科」に病院を転院しました。

藤原産婦人科の最初の印象と診察の待ち時間

建物が少し古くて、施設もかなり古い!というのが率直な印象でした。

なんか少し昔にタイムスリップしたような感じ・・・。

 

妊婦さん以外の利用も多く、私は平日(主に火曜日)の19時頃の利用でしたが、日によっては3〜7人ぐらい待っている人もありました。

先生は背の高いおじいちゃんといったら失礼かもですが、凄く優しい先生で、こんなに優しいお医者さんいるの?ってぐらい物言いが柔らかい方です。

患者さん一人一人の時間を大切にしているなって感じで、診察もしっかり見てくれるので少し待ち時間は長いです。

私の場合、2時間かかることはほとんどありませんでしたが、1時間以上待つことは結構ありました。

紹介してくれた友人によると、日中に行っていた時にお産が入った時は3時間以上待ったこともあったと話していました!

藤原産婦人科の看護師さんや助産師さんは?

優しい先生もなんですが、藤原産婦人科のスタッフさん(看護師さんや助産師さん)は、とても優しい人ばかりでした。

ちょっとした不安があっても話しやすい雰囲気で、お腹が大きくなるにつれて不安になっていると「大丈夫?不安なことあったら聞くよ」と言ってくれた助産師さんも。

NSTの検査後にその助産師さんに、これからの不安をぶわーっと話すと、嫌な顔をせず話を聞いてくれました。

私自身、大阪に身寄りがいなくて頼れる人も旦那しかいなかったので、聞いてくれるだけで本当に助かりました・・・。

予定日前に入院から出産まで!

ご飯を食べてトイレに行った後、少量の出血がありました。

藤原産婦人科で出産経験のある友人に電話で聞いてみると、一度病院に電話した方がいいということだったので、病院へ電話ー。

「もし来れるなら今から来て欲しい」とのことだったので、すぐに義母に連れられ病院に。

 

赤ちゃんの心音を確認する機械(NST)をしていると、助産師さんの顔が真顔・・・

バタバタとし始めたので、どうしたんだろ?と思っていると、「赤ちゃんの心音が少し弱いみたいだから、向き変えたりしますね〜」と。

向きを変えられ、赤ちゃんの心音をさらに確認していきますが、ちょっと不安になっていく私。

「大丈夫なんだろうか・・・」とそんな不安で頭がいっぱいになっていきます。

 

そうしているうちに、先生が来て「赤ちゃんの心音が弱かったりする時あって心配だから、2-3日入院して様子見させてくれる?」と。

人生で入院したことのない私は断固拒否(笑)ですが、赤ちゃんのためならそんなわけいかず、しぶしぶ個室へ・・・。

(もう間も無く予定日だったので、入院の準備はしてきていました)

 

個室でテレビをつけようとすると、ぶちっという下腹部で何かが破ける音。

な、なんだ〜と思ってトイレに行くと、大量の水。慌ててナースコールで助産師さんを呼ぶと、慌てて分娩室に行くことに。

検査してもらうと、しっかり破水しちゃってました^^;

破水や赤ちゃんの状態から、このまま自然分娩は危ないとのことで、緊急帝王切開に。

この時点で17時半頃だったと思います。

家族への連絡は分娩室で

あらかじめ家族への連絡先は病院へ伝えていたものの、慌てた看護師さんに「家族になんて連絡する?」とやりとりしている時に、先生がもし自分で連絡できるなら、ここで連絡してもええよと(笑)

ということで分娩台に乗ったまま、文章を作ってコピペして旦那や家族に一斉LINEw

 

私を産婦人科に送ってくれた義母は、私が検査している間に仕事に出てしまったので、こんなことになっているとは思わずビックリしただろうな(笑)

旦那は仕事が終わるとすぐに駆けつけてくたので一安心。

藤原産婦人科で帝王切開の手術へ

次第に陣痛の間隔が来ていたので、たまに来る痛みと耐えながら分娩台で手術の同意書を書きつつ・・・手術は20時頃から始まることに決定。

手術では麻酔の先生となんとかの先生(⇦忘れたw)も来てくれて、合計3人の先生がついてくれました。

(そしてその他にも助産師さんなど合計で8〜10人くらいいたような気がします。)

時間が近づき、手術台に移り、麻酔を打たれ意識が朦朧している間に手術開始。藤原産婦人科さんでの帝王切開は横ではなく縦に切開でした!

なんだか分からないうちに出産になってしまったので、看護師さん(助産師さん?)がずっと手を握ってくれるので、それだけで心強かった・・・。

赤ちゃんが生まれると私も号泣(;0;)無事に手術も終了!麻酔なので全く痛みはありませんでした。

赤ちゃんとの面会と藤原産婦人科での入院生活

手術が終わり、麻酔で私は深い眠りに・・・。

夜の手術だったので、気付いたらそのまま朝でした。

 

助産師さんが赤ちゃんを部屋に連れてきてくれて面会。

「母子同室と別室どうしますか?」と聞かれたので、迷わず同室を選びました!

(藤原産婦人科では同室でも、疲れている時は赤ちゃんを見てくれたりと臨機応変に対応してくれます☆)

藤原産婦人科は全室個室なので、部屋では自由気ままに過ごせました♪

 

が、建物が古いのでトイレに行く時とか廊下はかなり寒かったです(><)

シャワーは入院3日目からで、シャワーのみのお部屋があります!私は冬の時期の出産だったので、シャワー浴びる時間を伝えると、あらかじめ部屋を暖かくしてくれます^^

 

最初の日はおかゆでしたが、ご飯もかなり美味しかったですよ(^0^)//

写真はある日の朝食と昼食とお祝い御膳です。

   

かなり豪華で食べきれないほどでした^^

毎朝決まった時間に掃除担当の方が来てくれるのですが、その方とも凄く優しい方でテキパキ掃除してくださいました♪

術後の傷の痛みや後陣痛

私の場合(⇦ここ重要w)、術後の痛みは思ったより耐えれる痛みでした。

と言っても薬が切れたら少ししんどいので、遠慮なく座薬の痛み止めを入れてもらっていました。

 

「後陣痛の痛みはどう?」ってたまに聞かれるんですが、何が傷の痛みでどれが後陣痛なのか、私にはサッパリわかりませんでした(笑)

目が覚めてからは午後からトイレまでの数メートルは歩けてた私は、お見舞いに来た義母にも「帝王切開なのに元気すぎひん?」とかなり驚かれましたw

 

縦と横に切開するのでも、痛みは違うのだろうか・・・。

入院中しんどかったこと

初めての出産だったので、私自身「何が普通」っていうのも分からない状態だったんですが、一番しんどかったのが「脇が腫れたこと」です。

何、この痛み!って感じで腫れて、しょっちゅうナースコールで呼んでアイシングをしていただきました(><)

そして母乳の出が悪く、助産師に手伝ってもらっていたのですが、それが1番痛かった(笑)

 

妊娠中に母乳のこととか考えずにケアも一切していなかったので、少しでもやればまた変わったのかなと後悔したのを覚えています。

藤原産婦人科の出産の料金(費用)について

きになる人が多いのが出産にまつわる料金について。

私は緊急帝王切開でかつ時間外だったので、確か65万位ほどになりました。

しかし、出産一時金の42万にプラスして高額療養費制度も使えました♪

 

私の場合は医療保険に入っていたので、帝王切開での手術に保険が降りたので、若干のプラスになりました^^

最後に

今回は藤原産婦人科さんでの出産体験記をご紹介しました♪

私の場合・・・なので、あくまでも「ふ〜ん、そうなんだ」と参考程度に見てくれたら幸いです。

私自身初めての入院だったので、スタッフさんや先生らと相性ってすごく大切だなと感じました♪

藤原産婦人科さんでは本当に親身に接してくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱい出産体験になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!