サラ(サッカー)の移籍金はどうなる?なぜ小型機に乗ったのか墜落原因は?

フランスリーグのナントからプレミアムリーグカーディフへの移籍が発表されたばかりのエミリアーノ・サラ選手が、移籍先のカーディフへ移動中に飛行機事故で亡くなりました。

素晴らしい才能を持った選手の訃報に驚きを隠せません。

事故が起こったのが、移籍の契約直後ということで、まだサラ選手がカーディフでプレーをしていない状態だったために移籍金をどうするかでゴタゴタしているようです。

サラ選手の移籍金はどうなるのでしょうか・・・

そして、なぜ彼は小型機に乗ったのか、そして事故の原因は果たして・・・。

サラ選手の移籍金はどうなる?

ナント(フランス)からクラブ史上最高額で、カーディフ への移籍が決まっていたアルゼンチン出身 で28歳のエミリアーノ・サラ選手。

両チーム間の移籍金は何と1500万ポンド。日本円でいうとなんと約21億円!

ナントとカーディフは移籍の契約を結んでおり、移籍金に至ってはこんな報道も。

ナントはカーディフから早急に500万ポンドの支払いが行われない場合、法的な手段に出ると伝えられていた。現在はFIFAが介入し、今後10日以内に支払いがない場合、移籍活動を禁じると警告を送っているという。

引用:日刊スポーツ

ナントはカーディフに対して移籍金の3年分割払いを求めているそうです。

まずは1回目の分割金額の527万ポンド(約7億4000万)の振り込みを10日間以内に支払うよう申請しているんだとか。

契約を結んでいる上、移籍先のカーディフが支払う義務があるでしょう。

カーディフは支払う意思は見せていますが、事故の原因や究明をしてからという姿勢を取っています。

なぜサラ選手は小型飛行機に乗ったの?事故原因は?

移籍先チームのカーディフ側が事故の究明を・・・と姿勢をとっていますが、今回の事故では不可解なことがあります。

それはサラ選手がカーディフが用意した飛行機ではなく、小型飛行機を利用したことです。

海外のニュースサイトを見ましたが、この小型飛行機では冬のヨーロッパの飛行は難しいというそもそもの声もありました。

 

そして、事故直前のサラ選手が家族にあてた音声メッセージも。

 

ゲキサカの報道によると、サラ選手の友人がサラ選手の代理人の責任について言及しています。

「今回の事故の全ての背後には真実がある。責任が問われるべきだよ。エミリアーノが、その飛行機に乗ることを決めたわけでは、決してない。(その飛行機に乗ることは)プロとしての義務だった。だから彼は受け入れたんだ」

「彼はあの夜、あの飛行機に乗ることを強制されたんだ」

引用:ゲキサカ

 

まだ墜落原因もわかっていない状況ではありますが、事故の原因を辿っていくと新たな真実が出てくるかもしれません・・・。

ただ、現時点でサラ選手の代理人は「自分がフライトを手配したわけではない」と話しているようです。

 

事故の解明には1か月ほど時間がかかるそうですが、あの日何があったのか一刻も早く原因究明して頂きたいですね。

引き続き続報を待ちたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!