夙川公園の桜2019の開花状況や見頃は?ライトアップ期間はいつまで?

夙川公園の桜2019の開花状況や見頃は?ライトアップはいつまで?

夙川公園は、六甲山系から流れている夙川の両岸に、およそ1660本の桜が植えられている水辺の都市公園です。アクセスが良いので出かけやすく、整備されている水辺に降りて散策や写真撮影を楽しめます。

夙川の両岸に咲き誇る桜や、水辺から見あげた桜のトンネル、満開の桜の中を通過していく電車など、撮影スポットも多彩です。

住宅地なので出店が禁止されていますが、西宮さくら祭り期間中はイベントで賑わいます。

早速、夙川公園の桜の見頃情報について見ていきましょう♪

夙川公園の基本情報

夙川公園の呼び名は通称で、正式名称は「夙川河川敷緑地」といいます。

1949年に当時の西宮市長が提唱により1000本の桜が植えられ、現在では1660本の規模に!

1990年には「さくら名所100選」に選ばれ、兵庫県内では姫路城に次ぐ人気の、お花見スポットです。

【住所】
兵庫県西宮市
香櫨園浜から銀水橋まで夙川流域およそ4km

 

【アクセス】
・阪急神戸線・夙川駅
・阪急甲陽線・苦楽園口駅
・JR東海道本線・さくら夙川駅
・阪神・香櫨園駅

 

【開園時間】
基本的に自由です。

 

【駐車場】
なし。

 

【トイレ】
常設トイレが10ヶ所あります。

お花見の時季に合わせて、仮設トイレが7ヶ所ほど設置されるのが通例です。

 

【休憩する場所】
夙川公園内にはベンチがあり、芝生は立ち入り自由です。

(土壌が緩い場所は立ち入り規制されていることがあります)

 

もっとも便利な最寄駅は、<阪急神戸線・夙川駅><阪急甲陽線・苦楽園口駅>です。

どちらも駅の改札口を出て、すぐに夙川公園の桜が見えます。

JR・さくら夙川駅と、阪神・香櫨園駅も徒歩圏内ですよ♪

香櫨園は海岸に近く、公園までの川沿いは夙川オアシスロードと呼ばれています。

住宅地の河川敷なので、夙川公園と呼ばれていますが出入り・通行ともに自由ですが、住民以外はマイカーの駐車禁止です。

お花見期間中は、バイクの乗り入れも禁止されています!

あくまでも住宅地なので、お花見のためにマイカーやバイクの乗り入れはやめましょう。

夙川公園の桜の開花状況や見頃はいつ?

3月下旬から4月上旬が見頃です。

「西宮さくら祭り」が開催されるのは、4月の第1週目で多くの人で賑わいます。

(2019年の情報は2/3日時点で未発表ですが、2018年は4/8に開催されました。)

3月下旬には、桜がほぼ満開になることもあります。

2018年はというと、3/29にほぼ満開になりました!

温かい日が続くと、さくら祭りが始まる前に満開になることから、さくら祭りやライトアップの日程が変更される場合があります(><)

西宮さくら祭りは4月になってからの開催のため、タイミングによっては満開を過ぎてしまうこともありますが、桜の散る散り桜も素晴らしく、イベントも盛り沢山でより一層賑やかになります。

お花見ルール
  • シートを敷いて宴会をするのは良いのですが、住宅地であることからカラオケやお音楽演奏、大音量でのパフォーマンスは禁止されています。
  • 場所取りは禁止です。通行の支障になります。
  • ゴミは持ち帰りましょう。ゴミ箱は設置されていません。

マナーをしっかり守って、気持ち良くお花見しましょう♪

夙川公園の桜のライトアップについて

夙川公園の桜はライトアップが実施され、夜桜の幻想的な美しさを堪能できるので大人気です!

【ライトアップ時間】
日没から21:00まで。

 

【ライトアップ会場】
・苦楽園口
・樋之池公園

 

【ライトアップ期間】
4月第1週目。開花状況や満開予想によって前後します。
【時間】

日没から21:00頃

 

【ライトアップ詳細のお問い合わせ先】
苦楽園ストアーズミーティング事務局
070-5268-6676

 

ライトアップが実施されるのは、一部のエリアだけとなりますので注意が必要です。

夙川の流域では、阪急・苦楽園口駅付近の会場がライトアップされます。また、徒歩圏内ですが、河川敷から少し離れた場所にある「樋之池公園」の桜もライトアップされます。

ライトアップが実施されるのは、4月の第1週目が通例です。

開花のスピードが早いと、ライトアップも早くから実施される可能性があります。

ライトアップ期間が過ぎ、西宮さくら祭りも終了すると、お花見は終了し閑静な住宅地に戻ります。

夙川公園のお花見は混雑する?

夙川公園のお花見は、たいへん混雑します。

住宅地の中を流れている夙川なので、お花見を楽しめる道路や舗道は限られているのですが、大勢の人出で賑わいます。

もっとも人気が高いのは、阪急・夙川駅から阪急・苦楽園口駅までの、およそ1kmほどの夙川流域です。

普段であれば10分ほどで歩ける距離なのですが、お花見は混雑しますので20分くらいかかることもあります。

夙川の水辺に降りると、桜を見あげることが出来ます。さながら桜のトンネルです!

満開の時は、壮絶な美しさを誇りますし、散りゆく姿も素晴らしく、水面に花びらが浮かんで流れていく様子はまさに幻想的・・・

 

4月上旬は天候が不安定なこともありますので、雨天時は増水することがあります。夙川は六甲山系から流れています。水が濁ってきたら、要注意です。

出店は禁止されていますが、夙川公園の近くには美味しいパン屋やカフェ、お店も沢山ありますよ♪

私の友人がオススメしてたお店がこちら^^

クッキーのお店で大人気の「エルベラン」さん
HP:https://elberun.gift

 

種類豊富なパンが人気の「トリコ」さん
食べログのページ:https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28031160/

 

西宮さくら祭りのイベント会場に限っては、ふるまい酒のセレモニーがあったり、ダンスなどのステージが開催されます。

詳細は、にしのみや観光協会のHPでも紹介されると思うので、随時チェックしてみてくださいね♪

【まとめ】桜がすごく美しくインスタ映えする!

夙川公園は散策を自由に楽しめて、水辺でも遊べる都市公園です。桜の咲き始めから散り際まで、お花見を満喫できる大人気のスポットです。

水辺から眺めたときの桜のトンネルは美しくて写真撮影にも最適ですが、足元や増水にお気をつけください。

駐車場がなく、バイクの乗り入れも禁止されていますので、電車と徒歩でお花見を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!