バーミヤンはなぜ桃のマーク?店舗が減った理由や九州や北海道にない訳は?

バーミヤンはなぜ桃のマーク?店舗が減った理由や九州や北海道にない訳は?

久しぶりに中華が食べたいと思い、

先日にバーミヤンに行ってきました!

大阪に住んでいる我が家では、

中華=餃子の王将なんですが、

ついこの間「帰れま10」にキムタクが出てた影響でw

 

入り口でふと気づいたんですが、

「バーミヤンは桃のマーク」って知っていました?!

中華料理店なのに、

なぜ桃?って疑問が頭に駆け巡ってしまい、

気になって仕方ありませんw

しかも、バーミヤンって

前はもっと店舗があったと思うんだけど、

最近店舗も減ったような気もしますよね。

 

ということで今回は、

  • バーミヤンの桃のマークの意味
  • 店舗が減った理由は?
  • 九州や北海道にないのはなぜ?

について調査してみました!

バーミヤンの桃のマークの意味

早速、桃のマークの意味について調べてみました。

 

バーミヤンのホームページによると、

中華料理の基本思想である「医食同源」にちなみ、不老長寿の象徴であり世界的にも通用する「もも」を顧客と会社の繁栄を願いトレードマークとしている。

引用:「バーミヤン」ロゴマークの由来・意味

んんん?!

ちょっとよくわかりませんね^^;

 

「医食同源」って初めて聞きましたよw

私のボキャブラリーにはない言葉。

この言葉の意味をウィキで調べてみると

日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

引用:wikipedia

とのこと。

病気を作らない体作りには食事から

ってことですね^^

 

そして中国でも桃を食べると仙人になり、

不老不死になるという言い伝えがあるようです。

 

バーミヤンは中華料理なので、

中国の中でも縁起のいい桃のマークを

店の看板マークとして採用しているんですね^^

店舗が減った理由は?

一時期は北海道から沖縄まで店舗があったバーミヤン。

しかし、急激に店舗を増やしたため、

より良い人材の確保をはじめとする人件費の

コストが増えたことが要因と言われています。

 

また、ガソリンの高騰や

長らく続いたデフレによる外食離れによって

採算が取れない店舗が増えたことにより

2008年頃にはすかいらーくグループで

300店舗以上が閉店したそうです。

 

我が家でもそうなんですが、

外食となると一番節約できるところなので

家計が厳しくなったら一番行くのを

控える場所なんですよね・・・。

 

外食産業は常に景気に影響されますし、

今は人手不足もかなり深刻です。

 

一気に店舗数を増やしていった背景が

より店舗数が減ったと実感する

要因になってるのかもしれないですね(><)

 

今年は予定通り行けば、

消費税10%に増税が決まっているし、

そうなると外食産業はより厳しくなるかもな〜。

我が家は確実に外食が減りそうです(泣)

九州や北海道にないのはなぜ?

バーミヤンの店舗検索を見てみると、

唯一ないのが九州と北海道なんですよね。

 

以前は福岡や北海道にも

店舗があったそうなんですが、

今は一店舗もありません。

 

先にも説明しましたが、

採算が取れない店舗が増えたことによって

2008年にバーミヤンの店舗数は激減しました。

 

北海道にあった10店舗も2008年に、

九州も翌年の2009年に全店舗撤退・・・。

 

ここから個人の見解になりますが、

北海道や九州では

食文化が発達しているイメージがあるから

重要があまりなかったのかもしれないですね。

 

地理的にも食材の輸送面で

コストが高く採算が取れないっていうのも

大きかったのかもしれません。

 

九州であれば広島県尾道市、

北海道であれば秋田県が

1番近い店舗になります^^;

 

もう県外に出た時に

見つけて行くしかなさそうですね〜^^;

 

また景気がよくなって

バーミヤンが不動の地位に

なったりすることがあれば

進出もあるのかもですが・・・

中華料理チェーンとなると

王将だったりいろんなお店があるから

ちょっと難しいかもですよねぇ(ノ△・。)

まとめ

今回はバーミヤンの桃のマークの謎や

なぜ店舗が減ったのかについて、

ちょっと気になる疑問を調べてみました!

 

何気にバーミヤンの火鍋の食べ放題、

大好きなんですよねぇ♡

食べ放題って土日になると、

金額がアップすることが多いですが、

バーミヤンの食べ放題は曜日関係なく

1699円(税抜)なので、

がっつり食べたい時には嬉しい値段です♪

 

なので、食べたことない人には是非トライしてください^^

 

ということで今回はここまで。

最後まで読んでくださりありがとうございました(゚▽゚*)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!