初競りマグロはなぜ高い値段がつくの?大間マグロが人気の理由は?

初競りマグロはなぜ高い値段がつくの?大間マグロが人気の理由は?

2018年10月に築地から豊洲に移転した

東京卸売市場ですが、

2019年も初セリが行われ

今年の高値は3億3360万円で

落札されたことがわかりました!

 

落札したのは観光客にも人気の

すしざんまいの社長さん。

昔、夜にやっていたTBSの

「有田とマツコと男と女」って番組で

社長vs定職につかない若者たちって回で

木村社長も出演していて、

早口すぎて何を喋っているか

聞き取れなかった記憶がありますw

 

ちなみにこの番組・・・

私も実は素人として応募して

番組スタッフから出演しませんか?と

電話がかかってきたことがありますw

 

やっぱり、いざテレビに出ると思ったら

緊張しちゃって断ったんですけどね(笑)

今思えば・・・出ればよかった!!!

 

なんて、話が脱線しちゃいましたが・・・

毎年のことながら初セリは

高値でマグロが落札されますが

そもそもなぜこんなに高値なんでしょう?

 

そしてマグロといえば、

大間のマグロが有名ですが

そもそもマグロは他の地域でも取れるのに

なぜ大間のマグロが人気なのでしょうか。

 

今回は、この二点について調べてみました!

初セリのマグロはなぜ高い値段で落札されるの?

2019年の初セリでは、

278kgのマグロが史上最高値の3億3360万円で落札!

 

これだけ高値で落札したとなると、

消費者の所に来るときにはさらに高くなるんじゃ…

と思うんですが、

すしざんまい各店舗にて通常価格

振る舞われるそうです。

 

そもそも初競りは新年一発目ってこともあり、

気持ちを明るくするためにご祝儀相場になっている

必ずテレビでネットで取り上げられる

お客が初セリのマグロを食べたいと思い、
集客効果につながり
他の商品の売り上げになる。

といった背景があるようです!

 

そもそも論として高値をつけて

景気づけにさせる意味があるんですね^^

 

もうすでにすしざんまい本店には、

初セリで競り落としたマグロが置かれています。

本店の前にはマグロを一目見ようと

多くの人がスマホを持って

記念撮影大会になっているんだとか(笑)

 

確かに、3億で競り落としたマグロ、

解体される前に見てみたい!!

過去の初競りの価格は?

では過去の初競り価格を見てみましょう!

2010年からの情報をまとめてみたよ♪

価格/kg 落札者
2010年 1628万円/232kg 板前寿司・銀座 久兵衛
2011年 3249万円/342kg 板前寿司・銀座 久兵衛
2012年 5649万円/269kg すしざんまい
2013年 1億540万円/222kg すしざんまい
2014年 736万円/230kg すしざんまい
2015年 451万円/180kg すしざんまい
2016年 1400万円/200kg すしざんまい
2017年 7420万円/212kg すしざんまい
2018年 3億3360万円/278kg すしざんまい

 

2012年からは毎年すしざんまいが

落札していることがわかりますね!

マグロの値段も・・・

その時によって全然違うしw

すしざんまいの社長も意地となって

落札しているのではないでしょうか^^;

 

自分がすしざんまいの立場だったら

落札できなかった年はしっくり来なさそうw

大間マグロが人気の理由は?

回遊魚のマグロは対馬暖流に乗って

冬の時期(9月〜12月)には

潮が早い津軽海峡付近を泳いでいるのですが

その周辺にはイカなど餌が多く

 

黒々とした赤身に脂がのり

旨味が濃縮されることで

魚のプロも納得の味なんだとか!

 

私も大間に観光にいったことがありますが、

周辺には立派な豪邸が建っていて

そういった家のことをマグロ御殿と呼んでいました。

 

大間ではマグロを1本釣れれば

1年食べていけるという話も聞いたことあるほど・・・

 

すでに全国的にマグロといえば大間と

名前が出てくるほどブランド化されているので

大間のマグロ漁師を始め

プライドを持っている人が多そうですよね!

まとめ

いかがでしたか?

まとめてみると・・・

<初競りマグロは高い理由>

新年のご祝儀としてや話題性があるため自然と高値がつく。

 

<大間マグロが人気の理由>

冬の時期の津軽海峡の環境から質のいい赤身と脂がのる

以上になります(^-^)/

 

最後まで読んでくださりありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!