土屋太鳳の歌が下手で話題?地声との違いや評判がきになる!【動画あり】

2018年12月14日(金)に放送された

日本テレビ「スッキリ」に

北村匠海さんとの音楽ユニット

「TAOTAK」で出演した土屋太鳳さん。

 

朝から生歌を披露したのですが、

その歌声が下手と話題になっています!!!!!

 

土屋太鳳さんといえば、

「声が嫌い」

「ぶりっ子してる」

「地声全然ちゃうやろ」

と突っ込まれたりもしていますが、

今回はスッキリで披露した歌声をもとに

地声との違いや評判など

調べていきたいと思います!

【動画】12/14のスッキリで生歌を披露!

2018年12月14日(金)に初の生歌を披露した

土屋太鳳さんと北村匠海さんの

ユニット「TAOTAK(読み方:タオタク)」。

 

TAOTAKが今回歌った歌の題名は、

「Anniversary」という曲で

ミスチルの桜井さんとGAKU-MCさんの

音楽ユニット「ウカスカジー」が

2016年に出した曲をカバーした形になります。

 

<You Tubeのミュージックビデオはこちら>

 

土屋太鳳さんと北村匠海さんは

2011年にドラマ「鈴木先生」で共演して以来

仲良しの友人だったそうで、

TAOTAKの「Anniversary」は、

スッキリに出演した12月14日に公開される

映画『春待つ僕ら』の主題歌にもなっています。

 

ば、番宣のためのユニット・・・

みたいな感じですね(笑)

 

ちなみにTAOTAKの

プロデュースをしたのは亀田誠治さんで

椎名林檎さんや平井堅さん、

いきものがかりなどのプロデュースを

手掛けた大物プロデューサーです。

土屋太鳳の地声は違う?

ネット上では作り声では?

という噂も多い土屋太鳳さんの地声。

 

幼馴染で俳優の野村祐希さんは

久々に土屋太鳳さんと再会した時に

「その話し方どーした!!」

と思わず言ってしまったんだとか。

 

のちにネットニュースで取り上げられ、

『あの太鳳が大人になってる!』とびっくりしたわけでありまして、キャラを作ってるということを言ったわけではないのです」

と釈明しておりました(笑)

 

個人的にはこれは建前であって、

本当はもっとハキハキして活発な子だったから

話し方が変わって

思わず言ってしまったのでは?と

思っちゃうんだけどw

 

日本女子体育大学体育学部出身で

バリバリの体育会系なので

あのキャラ自体が嘘では?という人も。

 

赤坂5丁目ミニマラソンを見たときは

このストイックさは本物だな!と思ったので、

負けず嫌いな方が

本当の太鳳ちゃんって感じがしますね〜〜

 

某ネット掲示板では、

実際にあった人がテレビと全然違ったって言ってた

というコメントもあるので、

ちょっとおおらかなテレビの感じじゃなくて

素はもう少し活発っぽいですよねw

土屋太鳳の歌の評判!下手?上手い?

今回のスッキリで生歌を披露した

土屋太鳳さんの歌声がかなり話題となっています!

 

 

生放送で歌を歌うなんて

想像するだけで緊張するんだろな〜

って思うところもありますが、

みなさん厳しい意見の方が多いですね(笑)

 

ちなみに私も、

ほぼほぼ同じことを思っていました^^;

個人的には・・・

歌手から女優・俳優になるのはOKだけど

女優・俳優から歌手はNGなタイプです(笑)

 

リリースされた曲では

声も編集されているんだろうなぁ・・・

あとがき

土屋太鳳さんといえば、CMを始め

ドラマ・映画に引っ張りだこで

あのおおらかな話し方の雰囲気からも

ヒロイン役に抜擢されやすいのも

納得な感じもします。

 

あの声やキャラは

個人的には作り物だと察していますが(笑)

芸能人なら誰しもが

キャラを設定していると思うので

売れて結果に出てるなら

大成功で万々歳ではないでしょうか^^

 

誰かが言っていましたが、

「人気者はファンもアンチも来る。

本当に怖いのは話に出なくなること」

と聞いたことがあります!

 

ネット上で炎上したり話題になるだけで

土屋太鳳さんの人気が伺えますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!