【タイプ別】株初心者主婦にオススメの証券会社3社を徹底比較!

手数料安さや手軽に開設ができることで初心者にも人気のネット証券会社。

色々とありすぎてどの証券会社に選べばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

 

今回は数あるネット証券会社の中でも、手数料が極端に安く投資初心者にもオススメな

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • LINE証券

の違いについてまとめてみました♪

 

是非参考にしてみてください(^0^)/

 

主婦にオススメ!証券会社3つを比較

SBI証券・楽天証券・LINE証券の特徴

上の画像を拡大で見たい方はこちら!

 

SBI証券の特徴(メリット・デメリット)

口座数で圧倒的No1を誇るSBI証券。

約500万口座数という数字からも皆が使っているんだという安心感があり、多くのユーザーが使用しています。

カブ嫁も株式投資を始めた時に最初に開設したのがSBI証券でした。

 

SBI証券のメリット
  • 1日の約定代金50万の取引まで手数料無料(アクティブプランの場合)
  • 株式・投資信託ともに取扱数が豊富
  • Tポイントで投資信託を買付できる
  • 取引内容に応じてTポイントが貯まる
  • 初心者に安心オンラインセミナーもあり

 

SBI証券は、投資先種類も豊富で、まさにネット証券の王道!

独自レポートはもちろんですが、投資の基礎講座も充実しています。

嬉しいことに!基礎講座は口座も持っていない人でも見れるんだよ〜☆

 

よく比較される楽天証券との違いとして、SBI証券は

  • 米国株式やETFの自動買付ができる
  • IPO(新規上場株式)の取扱が豊富

という面があります。

ですが、これらの特徴はちょっと中級〜上級クラスになりますので、初心者としてはあまり必要ない情報かも・・・^^;

 

そして、あえて言うSBI証券のデメリットがこちら。

  • 店舗がないから直接相談ができない
  • ホームページが見づらい

 

ネットで証券口座を開設した場合、どの証券会社でいえますが店舗相談ができないというのがデメリットですね。

そして、SBI証券のホームページに乗っていないか確認するも・・・情報が多すぎていつも迷子になってしまいます^^;

でも!SBI証券の場合、利用者が多いから個人の人がブログに書いてたりするから、体験談が多いのが有難い!

 

楽天証券の特徴(メリット・デメリット)

続いて、メキメキ口座数が増えてきている楽天証券!

楽天証券といえば、なんと言っても楽天ユーザーにとってもメリット大の証券会社です。

 

楽天証券のメリット
  • 1日の約定代金50万の取引まで手数料無料(の場合)
  • 株式・投資信託ともに取扱数が豊富
  • 楽天ポイントが取引に使える
  • 取引内容に応じて楽天ポイントが貯まる
  • 楽天銀行との提携で、普通預金金利が0.10%にアップ

 

楽天証券はまさに楽天ユーザーにとってはプラスしかない証券会社と言っても過言ではないかもしれません!

私が楽天証券の口座を開設したのも、貯まった楽天ポイントを有効的に投資に回るのが魅力的に思ったから♪

 

カブ嫁のメインカードは楽天カードなので、日常の買い物はすべて楽天カード。

まさに楽天経済圏の人にとってはメリットが大きいと言えます^^

 

他にも楽天証券版の日経テレコンのサービスもありまして、日本経済新聞(朝刊・夕刊)が読めるという嬉しいサービスも魅力的!

 

楽天証券のデメリットとしては、

  • 店舗がないから直接相談ができない
  • 非楽天ユーザーにはメリットが少ない

ということ。

 

直店舗がないのはネット証券ならではですが・・・

楽天ユーザーにとってポイントが貯まる楽天証券も、非楽天ユーザーであればあまりメリットを感じにくいかもしれません。

 

LINE証券の特徴(メリット・デメリット)

誰もが使っているLINEのアプリを使って手軽にできるLINE証券。

最近ではキャンペーンも増え、初心者にも少額で投資ができると若い人を中心に人気となっています。

 

LINE証券のメリット
  • 有名企業の株を1株数百円から買える
  • 取引手数料ゼロ(※スプレッドはあり)
  • 口座開設で面倒な郵送取引がない
  • 貯まったLINEポイントを投資に使える
  • タイムセールがある

 

私も株式投資をやっていて、投資できるMAX金額が自分の中であるので、手の届く範囲でしか投資はしていませんでした・・・

ですが、LINE証券は有名企業の株を1株単位から購入できるのです!

私もこれで手が届かなかった某有名企業の株が買えたの♪

 

貯まっているLINEポイントもLINE証券に入金できるので、LINEポイントを有効的に使えるのも嬉しいポイント☆

 

また、カブ嫁のように派遣OLとして働いている人にとって、東京証券取引所で取引が行なわれている

朝9時〜11時30分までと12時30分〜15時まで

はなかなか取引する時間が取れない人が多いのが実情ですよね。

 

LINE証券は17時〜21時までの夜間の取引もあるので、働きながらママをしている人も通勤時間にさっと取引することも可能です!

ただ、ここには注意点が。

メリットのところでLINE証券には取引手数料はないと紹介しましたが、取引するときにはスプレッッドという取引コストがかかります。

このスプレッドというのは、LINE証券が提示している価格に取引コストとして元々差額が乗せられています。

 

【提示価格基本方針】

■9:00-11:20、12:30-14:50
取引所(東証)の最良気配を基準に0.05%*のスプレッドを加減算します。

 

■11:30-12:20
前場終値に0.05%*のスプレッドを加減算します。ただし終値引けのみ対象となります。

 

■17:00~21:00
翌日基準値段に0.5%*のスプレッドを加減算します。

出典:LINE証券のヘルプセンターより(2020/4/14時点)

「スプレッド」って言葉で見れば、投資初心者にとってわかりづらいですが・・・

例えば、日中の取引であれば10,000円の株であれば10,005円、夜間の取引であれば10,050で買えるという形になります。

なので、夜間の取引は忙しい人にはオススメだけど事実上の手数料のスプレッドに注意した方がいいかもです!

 

LINE証券のデメリットとしては、

  • 投資先の銘柄数が少ないこと
  • 少額でやる人には短期的な大きなリターンは期待できない

ということですね。

 

先に紹介したSBI証券や楽天証券に比べても投資先が限られるので、多くの銘柄に分散して投資したいという人には不向きと言えます。

また、数百円単位で1株から買えるメリットはあるものの、少額の場合、短期的なリターンは期待しない方がいいでしょう。

 

【タイプ別】オススメの証券会社をPickUp

証券口座開設の前に、あなたの重視するポイントからタイプ別に証券会社を見ていきましょう。

 

本格的に投資をやっていきたい人<SBI証券>

初心者にとっては株式投資や投資信託に挑戦したいものの・・・初めて見る用語にちんぷんかんぷんってことも多いはず。

そんなあなたには、SBI証券をオススメします。

 

株式投資とはなんぞや?!ということから、用語集、銘柄の選び方まで・・・・

分からないことがあってもSBI証券のサイト内で解決できることが多いので、初めての株式投資でも安心です(^0^)/

オンラインセミナー(動画)も充実しているのもポイントです!

 

SBI証券は月100円からの積立投資ができるのはもちろん、株式や投資信託の銘柄数の豊富さがピカイチです!

今後国内だけではなく、米国株や海外株に投資にもチャレンジしてみたい人にオススメします。

 

楽天ユーザー必見!投資×賢くポイントもGETしたい人<楽天証券>

楽天ユーザーであれば、絶対にオススメしたいのが楽天証券。

楽天証券は国内の株や投資信託の銘柄数もSBIと並んで豊富。

 

そして、何より楽天証券は楽天ユーザーにとってメリットが大きいのが1番の魅力!

  • 普段の生活で貯まった楽天ポイントで株(現物)や投資信託を購入できる
  • 楽天銀行提携で普通預金金利が0.10%になる
  • 楽天クレジットカード決済で投資信託を買えば、100円で1ポイントたまる
  • 投信残高10万円以上でポイントがたまる

まさにポイントを使っては貯まってのリサイクル状態!

 

普段の買い物でゲットしたポイントで投資をしつつ、お得にポイントを稼ぎ、稼いだポイントをさらに投資したいという方にオススメします。

カブ嫁的には、楽天ユーザーであれば楽天証券一択だと思います!

 

まずは少額で株取引を試してみたい人<LINE証券>

投資を始める初心者であれば、まずは少額からチャレンジしてみたいというのが本音ですよね。

とはいえ、ネット証券といえど株式投資であれば100株が当たり前だし、初期費用でも最低でも数万円は用意しないといけません。

 

投資初心者にとっては数万円でもビクビクしちゃう部分はありますよね。

LINE証券であれば、有名企業の株を1株数百円から購入できるので、数百円から株式投資をができます。

なので、株式投資って実際どんな感じなの?という形で気軽に株式投資にチャレンジできます!

投資初心者のカブ夫は、LINE証券で株式投資を始めました。
少額なので、勉強代として投資してます!

カブ嫁としても、「いきなり万単位の投資は怖い」という方に!少額から株式投資をできるLINE証券をオススメします。

まとめ

いかがでしたか?!

今回は主婦にオススメのネット証券3社のメリットやデメリットをカブ嫁なりに解説してみました♪

よく名前を聞くSBI証券・楽天証券・LINE証券ですが、それぞれ違いがありますので、ご自身にあった証券会社を選択してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!