日本国紀の評判(評価)が早くもヤバイ!内容や電子書籍と本どっちがいい?

発売前なのにAmazonでベストセラー1位になっている

百田尚樹さん著書の「日本国紀」。

 

11月12日に発売されるのに、

発売前にアマゾンや楽天のランキングで

早くも1位になっているって異例のことですよね!

 

昨日ミヤネ屋でちらっと紹介されていましたが、

発売前にこれだけ盛り上がっているんだから

もっとメディアに取り上げてもいいのでは?

と思ってしまいます^^;

 

とはいえ・・・

ネット上では発売前から既に盛り上がっている日本国紀。

 

今回は、本の内容や評判、

電子書籍と本どっちで買った方がいいのか?

について調べてみたいと思います!

百田尚樹著書「日本国紀」の内容は?

日本国紀は一言でいうと、

教科書には記されていない日本の歴史の教科書となっています。

 

発売前から重版となる異例の事態となっています!

しかもアマゾンではギフトとしても

1位となっているようですよ♪

 

まだ発売前なので内容は詳しくわかりませんが、

百田尚樹さんがTwitterでチラ見せしてくれてます。

↑こちらの話は虎ノ門ニュースでもちらっと

お話されていましたが、

初めて聞く話に衝撃を受けました^^;

まだ半信半疑なので、

本を読んでさらに深く知りたいですね〜。

どの話も学校の授業では聞いたことない話ですよね。

日本人なのに、日本のことを知らないなんて・・・

 

昔、アメリカの語学学校で

フランス人やモンゴル人、トルコ人と

一緒のクラスだったのですが、

みんな自分の国に誇りを持って話していて・・・

自分が教えられた日本の歴史観、

なんで自分の国(日本)を

悲観的に思う自分がいるんだろうに

ちょっと疑問を抱いたことがあったので、

私も日本国紀を読むのが凄く楽しみです!!

 

 

 

発売日は当初11月22日に発売予定でしたが、

出版元の見城社長が

「早く読者に届けたい!」と話したことから

11月15日に繰り上げて発売決定。

しかし、ネットなどから早くも話題になり

「もっと早く届けたい!」とのことから

最終的に11月12日に発売が決定されています。

 

また、11月12日は出版社である幻冬舎の

創立25周年記念日となっているそうで

社長は百田尚樹さんサイドに

「発売日11月12日」を強くプッシュしたようです。

「日本国紀」の評判!

ネット上のコメントを集めてみました!

様々な声が寄せられています。

 

 

ネットは色んな意見があるから面白いですね〜

批判的な意見や賞賛する意見など様々あり、

改めてこの本の注目度合いがわかるような気がします。

電子書籍と本、どっちがいい?

本を読むには電子書籍と実物の本、

どちらがいいのでしょうか?

 

電子書籍のメリット・デメリット

<メリット>

 

・購入したすぐダウンロードで読める。

・スマホで読めるからかさばらない。

・マーカーが引ける。

・電子書籍内で検索できる。

<デメリット>

 

・目が疲れやすい。

・折ったり好き勝手にすることができない。

・パラパラめくらないから、物足りない。

・発売されてから電子書籍化されるまで時間がかかる。

 

本のメリット・デメリット

<メリット>

 

・実在の本が手元に残る。

・使い慣れているため、自分の好きなように使用できる。

・記憶に残りやすい。

・人気の本であれば絶版となる可能性があり、希少価値となる。

<デメリット>

 

・時間が経つと汚れてしまう。

・本が増えていくと管理が大変になる。

・人気本であれば、入荷待ちになることも。

 

 

>【楽天】日本国紀 [ 百田 尚樹 ]

>【Amazon】日本国紀[ 百田 尚樹 ]

>【紀伊国屋書店ウェブストア】

 

それぞれのメリット・デメリットで

どちらが自分に合うかで違いますが、

今回の日本国紀はかなりページ数も多いので

本で買った方が読み応えはあると思います!

 

ちなみに、

日本国紀はまだ電子書籍化はされていません。(笑)

(2018年11月現在)

電子書籍で読みたいという人は

まだまだ時間がかかると思います。

 

虎ノ門ニュースなどに観覧に行かれる方は

生放送終了後に出演者にサインももらえるようなので

機会があればサインも欲しい!という人は

絶対本で買った方がいいですね^^

まとめ

異例のベストセラーとなっている

百田尚樹さんの「日本国紀」。

 

私も生まれて初めて本を予約してみました(笑)

無事に届きまして、

一章ずつじっくり読んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!